ベイザーで綺麗になろう|脂肪吸引もできる

婦人

目の整形手術

先生と看護師

根元から解決する

「メイク」でも顔のコンプレックスはいくらか解消できますが、やはり限界があります。「美容整形」なら、根元からコンプレックスを解決させることが可能です。これまでは整形手術は痛みがある、価格が高価という理由で敬遠されていました。しかし、最近は痛みが少なく手頃な価格で手術できることで注目されているようです。その影響で利用者も年々増えています。美容整形の手術で依頼者が最も多いのは「目」です。大きく分けると切開して二重のラインを作る方法や、目自体を大きくする方法、まぶたの裏側を縫いつける方法があります。医師の技術や麻酔が進化していること、最新の技術で開発された糸を使用していることで、時間も大幅に短縮されました。

気持ちまで明るくなる

切開して二重のラインを作る方法は、メスを使用します。幅を自分の好みで調整しやすいのが魅力です。手術中は麻酔が効いているので痛みは抑えられていますが、人によって手術後に痛みが発生することもあります。腫れが引くまでに3週間かかることもあるようです。目頭切開法は目自体を大きくする手術です。二重にするより自然に仕上がります。切開するのでキズが残るのが難点ですが、ぱっちりとしたキュートな目元になれます。糸でまぶたの裏側を縫いつける方法は、1番ポピュラーな手術です。願い通りの二重の幅になれます。メスを使用しないので、キズが残ることもありません。ほかの美容整形に比べて腫れが少ないのもこの方法の魅力です。美容整形は顔を変えるだけではありません。気持ちが明るく前向きになれるのも人気の理由となっています。